授乳中でも恋肌で全身脱毛したい。施術はいつからできるの?

授乳中でも恋肌で全身脱毛したいという方はいるでしょう。妊娠していなければ、施術ができそうですが、授乳中でもどの部位でも恋肌の場合、お断りしているのですね。

恋肌 なぜ妊娠中でもないのに、施術を受けることができないのかというと、ホルモンバランスが大きく関係しています。

授乳中に恋肌で脱毛ができないのは、エストロゲンという女性ホルモンが整っていないので、通常の場合と比較しても、思うように高い効果が得られないことがあるのですね。

このエストロゲンは生理が再開すると、通常のようになるので、やはり断乳し、生理が再開されてから、恋肌で施術を再開するのがおすすめですよ。

おっぱいを与えている間に施術を行うと、母乳に影響が決してあるわけではないので、誤ってまだ断乳していないのに脱毛を再開してしまって、その母乳を赤ちゃんに与えても問題はないので安心してくださいね。

ただ、きちんと断乳してから恋肌には通い始めるようにしましょうね。

計画をきちんと立てて脱毛には通いましょう。なお、現在では心斎橋にも分院が設置され、大阪でも恋肌の全身脱毛を受けられるようになりました。

妊娠が分かったらすぐに恋肌での脱毛はストップ

もう一つの理由として、プロラクチンというホルモンが毛を濃くすることがあるので、授乳中は施術をおすすめできないということです。

このプロラクチンは赤ちゃんにおっぱいをあげているときに、数値が高くなるのですね。したがって、通常より毛が濃い状態で、施術を受けるのはやはり効率があまり良くありません。

さらに肌がいつもよりデリケートになっている方も多いので、肌トラブルが生じる危険性を回避するためにも、赤ちゃんにおっぱいをあげているときは一切脱毛は恋肌ではできないのですね。

妊娠が分かったらすぐに恋肌での脱毛はストップし、さらに断乳するまで恋肌では施術を受けることができません。

もし妊娠する可能性があるなら、通うのは出産し、断乳し終わってからとなるので、しっかりと計画を立てておくことが大切ですよ。

恋肌ではない、他のサロンでは、授乳中でも施術が可能となっているところもありますが、もちろん自己責任となります。お母さんにとっても大切な時期ですので、できるだけサロンでの施術は控えた方が良いでしょうね。

脱毛は無理することなく、体調が万全の時に行うのがおすすめですよ。


【New Topics】

ダイオードレーザーはケロイドの治療にも使われている
1995年に開業したレーザー治療・アンチエイジング専門のクリニックで、現在は東京、大阪、横浜の5カ...

ソプラノアイス脱毛は日焼けしていても大丈夫?
医療レーザー脱毛の技術もどんどん進歩していますよね。 医療レーザー脱毛と言えば「痛みがある」のが当...

そもそもリンパとは
むくみや肌荒れが気になる場合には、リンパの流れが滞っているのが原因かもしれません。 リンパとは、血...

インフォメーション
TOPPAGE  TOP 

menu


かてごり


RSS2.0